アップフロント・モーゲージブローカー

アップフロント・モーゲージブローカーtm (UMB)は誠実でわかり易いビジネスをするために選ばれたブローカーです。従来のブローカーとの主な違いは次のようなものです。
1.UMBは予め料金を書面で顧客に公開し、ローンの貸し手からの原価(利子及びポイント)をそのまま顧客に提供します。つまりUMBの顧客はブローカーフィーとローンの原価のみを支払うことになります。これに対して、従来のモーゲージブローカー(MB)は顧客に原価から利益を上乗せした“小売額”を提供します。MBの多くはローンの申請後初めて、この上乗せされた料金を法に準じて公開するのです。

2.UMBのローン選択において、より格安なローンを求めるという目的が完全に顧客のそれと一致するた め、貸し手に安価なサービスを提供できます。一方、MBの目的は必ずしも顧客と一致するものではな いのです。例を挙げると:

  • 顧客のニーズにあったタイプのローンはMBにとって最大のプロフィットを生むとは限りません。

 

  • MBは利子・ポイントを固定して欲しいという顧客のリクエストを無視し、 顧客を危機にさらす可能性があります。
  • MBはローンが完全にロックされた後、レート・ポイントを固定しなかった顧客に対し、最安なレート(フロートレート)を与えないことによって、利益を増やすことがあります。

3.UMBは第三者から受け取るリベートを全て顧客に受け渡します。MBは貸し手からのリベート、又は家の売り手によるコンセッションを利益として受け取ることもあるのです。UMBは顧客と同意済み以外の第三者からの支払いは、たとえそれがブローカーフィーを増やすことになっても、必ず顧客にクレジットとして還元します。これに対して、MBは状況によっては、第三者からの支払いを顧客に還元しないこともあるのです。

ペンシルバニア大学ウォートン・ビジネススクールジャック グーテンタグ教授による記事を和訳

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。